こんにちわ、ゲストさん
mono_top3
トップ
  トピックス-礼金って、そもそも何だろう?

礼金(れいきん)というのは、主に関東地方の賃貸人や不動産が賃料のほかに求める、一回払いの料金である。礼金の合法性は議論のある問題である。礼金は関西地方で敷引とも呼ばれる。

伝統

礼金は、地方から大都会(東京)に一人できた単身赴任・学生等の保護のために、上京した人の親戚が東京の下宿などの大家に払ったお金だった。上京する人は普通大都会に他に知り合い・親戚がいない人で、地元の人はいざというときの心配で、大家に、面倒を見てもらうように、“前もっての感謝”の意味で、お金を払った。その“お礼”の感謝から、礼金と呼ばれるようになった。言い換えれば、礼金を受け取る大家は、“これから借家人の面倒を見てあげる”という義理の約束をしたのである。

地方(北海道、東北)では礼金の習慣がないのは、地方内で引っ越しても普通の距離は“心配する”ほど大きくないから、とも思える。

現在

今の日本には、 新幹線 ・ 飛行機 ・ 電話 で田舎と大都会の距離が小さくなったし、大家の面倒は必要なくなってきた。さらに数千人の賃貸人もいる大手企業の不動産は最初から、礼金で“一対一”の個人的に作られた大家と借家人の義理の関係を行使しないにもかかわらず、東京などで礼金を求めるのはほとんどの賃貸契約で一般的になり、別料金として求められている。 東京23区 なら、賃料の2、3か月分の礼金が標準である。

ほとんどの人は礼金は 保証金 と並び、“仕方がない”別料金としてみる。

当然なことで、 公団地 の賃貸には一切礼金が取られない。

しかし、次節で述べるように、礼金に対する法的根拠がないことから、礼金を取らない物件も見かけられるようになった。

合法性の議論

ただし、日本の 借地借家法 によると、賃貸契約を満たすのに、 賃貸人 が賃貸物を渡し、 借家人 が賃料を(定期的に)渡すことだけで済む。別料金なら、賃貸以外のサービスや物にしか求められない。往時は大家の面倒を見てくれる約束がその「別サービス」として見られただろうが、現在ではその約束もなくなったし、ほとんどの場合は礼金は違法的に求められているという意見が多い。その立場に立つと、賃貸契約の締結の際に礼金を断ることも理論的に可能である。ただし、実際的にそう行おうとすると、不動産業者や賃貸人がぎりぎりの段階で 締結 を取り下げるにちがいない。

その他に、締結してから、 裁判 で礼金の返金を訴えることも可能であろう。しかし、驚くべきことには現在まで日本のどこにも一回もそういう起訴はない( 2005年 7月20日 、神戸地方裁判所で、「敷引」特約が 消費者契約法 に違反して無効との判決が出された。)。

海外

世界 の国のどこにも、礼金のような家賃の別料金がない。特に日本が 民法 を法った ドイツ にもそういうことはない。ただし、非常に人気のある家の場合は内緒で賃貸人に現金を差し出す習慣はあちらこちらにある。ただし、それは両方が違法だと知った上で行われるのであって、活字の契約の対象とならない。

参考文献 『ウィキペディア(Wikipedia)』”礼金”


Copyright (C) 2005 Makoto Ooka in DAIICHI Corporation. All Rights Reserved.